2/09/2018

渡英前に婦人科や乳腺外科に行こうというお話

タイトルの通りです。

今週は久しぶりに婦人科へ行って参りました。

YMS申請者は強制的に英国NHS(National Health Service)の料金を払いますが・・
往々にして外国で通院することはかなりのストレスがかかるし(経験者は語る)、なにか検査のアポイントメントをとっても数週間とか数か月先になることもザラなので、やっぱり日本で検査なり治療なり済ませてしまった方が楽だよなー、というのは私の考えっす。あと、"健診"(medical checkup)(症状が無いのに調べてもらうこと)はそもそもextraでお金かかるんじゃないかなー。どうなんでしょうか。
まあ、、日本の病院との違いを学べたりちょっと楽しいこともあるかもですが、"NHS uk"でググると"NHS uk crisis"とかすぐに出てくるし(笑)、英国の病院はかなりいっぱいいっぱいそうなので、やっぱり余計な迷惑はできる限りかけたくないですな。
と言いつつ、眼科(目が悪い)と歯科(年に一度の検診。自費か)にはお世話になるんだろうなあ。。(憂鬱) とほほ。


最近読んだ本で楽しかったやつ
養生訓 貝原益軒
伊藤友信訳を読みました。
養生訓かよwって感じですが、テルマエ・ロマエⅡを観ていて鍼灸に興味が出たのでそのつながりで読破。良書でした(当たり前か)。食い過ぎるなよ、とか、よく動けよ、とか、しゃべりすぎるなよ、とか、親孝行しろよ、とか、古人の知恵や哲学がいっぱいです。ただ、現代じゃ通用出来ないこと、例えば夏以外は入浴は10日に一回、とかもありますが。

最近観たDVDで楽しかったやつ
しわ 

現代はArrugas。スペインのアニメです。
ジブリ美術館ライブラリー提供作品ということで気軽に観始めたんですが、これが良かった。認知症の主人公が老人ホームにあずけられて・・。
観ていて最初は同室のミゲルにイライラしますが、次第に、なんだ、良いやつだなあとうるうるします。w
別に今始まったわけじゃないですが、介護問題が深刻な現代はみんながこういう映画を観て介護について思いを巡らすべきじゃないでしょうか。長生きすれば自分もいつか必ず老いるしねえ。。

それでは、第二回目はこんな感じでした。
また来週!


 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村